度肝を抜かれる森ビルの1/1000 都市模型(ジオラマ)〜東京編〜 vol.2


vol.1の続き。
ツアーが始まる前に一応、写真を撮っても大丈夫ですか?と聞いたところ、女性の広報担当の方がバシバシ撮っちゃって下さい!笑 と言ってくださったので、心おきなく写真を撮れることに笑
主に参加した子どもたちを対象にスタッフの方から東京とニューヨークの都市を様々な角度で比較した説明やクイズなどでプログラムは進行していき、時間も限りあることから模型の周囲を周ることはできず、ほぼ一点からの撮影となった。
しかしながらGoogle Earthで見るより1000倍楽しい♪
白米だけ持参して、ここで3日間過ごせる自信がある。

 

DSC_5077
皇居越しの丸の内と大手町。
こちらもよーく見ると、八重洲側にはすでに平成36年に竣工予定の八重洲一丁目6地区のオフィスビルらしきものが建っている。笑
パレスホテルの形状もそのまんま!日本橋三井タワーがけっこう高く見えるのは気のせいだろうか。
こうして見ると大手町と丸の内のボリューム感は好きです。
左下にはグランドオープンしたばかりの東京ガーデンテラスがひっそりと見える。

 

DSC_5033
続いて、2027年にリニアが開業する予定の品川エリア。
ワールドシティタワーズのリアリティ。笑
この辺りは普段ほとんど足を運ばないこともあり、再開発情報はほぼノータッチ。

 

DSC_5035
続いて、芝浦から台場周辺。
フジテレビは球体まで完全に再現されていて、有明スポーツセンターも以下同文。
レインボーブリッジの見事な弧の描き方とブリリア有明シティタワーの外観も完璧だ・・。
もはやアートを超えた何か。
もちろん豊洲市場も竣工しています。

 

DSC_5106
そして、湾岸。
湾岸には少しうるさい。
が、トーキョー・タワーズの外観、晴海テラス、晴海レジデンス、ドゥ・トゥール、ベイサイドタワー晴海、クロノレジデンス、スカイズ、パークタワー東雲の外観・・・完璧ではないか・・・
この模型に死角なし・・笑
ただ!勝どきザ・タワーがまだ建っていないではないか!森ビルさん笑
それと環状二号線が植樹されているのは何故だろう?笑

 

DSC_5016
都心越しの佃、月島、勝どき周辺。
聖路加タワーの渡り廊下ももちろんある。
本当は床に寝そべりながら見たかったのだけれど、そんなことはできるはずもなく。笑
ここまで来ると制作している現場を覗いてみたくなるもの。一体、誰がどうやって作っているのだろう?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)