まるでガラスのジェンガ!”56 Leonard”の建設状況


(画像参照:公式HPより)

マンハッタンはトライベッカに建設中の非常にクリエイティブなコンドミニアムが56 Leonardです。
外観はガラスのユニットを積み上げたような斬新な外観になっていて、遠くから見るとまさにジェンガのよう。
60階建てにも関わらず、住戸数は145戸。価格は分譲も賃貸も子供がふざけてつけたような額です。笑

 

DSC_1946
どどん。
周囲を寄せ付けない外観と高さは現在トライベッカで最も高い253mと、東京都庁や東京ミッドタウンよりほんのわずかに高い建物です。

 

DSC_1968
見上げ。
バルコニーのオーバーハングがデザインそのものになってます。

 

DSC_2495
居室自体がオーバーハングしているのは低層階と最上階近辺のみです。
日本のマンションではまずないですね。

 

DSC_2016
無数の板状のコンクリート。笑

 

DSC_2072
最上階のペントハウスは2013年に4700万ドルで売れたそうです。(ちょっと何言ってるか・・)
建物の夜景はガラスの面積と密接になるので、さぞかし夜はキレイになりそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)