東京で一番高いビル、虎ノ門ヒルズ 森タワー(非公式)


早いもので開業から2年が経過、本来であれば東京で最も高いビル・虎ノ門ヒルズです。
設計は日本設計、施工は大林組。
通常は建物の最上部の高さを公称としますが、こちらに限ってはヘリポートまでの高さを公称としています。
理由を要約すると、税金を投入した公共事業で東京で最も高いビルを建てることははばかられる、とのことです。
新橋側から虎ノ門ヒルズへと続く幅員の広い道路には「東京シャンゼリゼプロジェクト」という、パリのシャンゼリゼ通りのような賑わいを飲食施設や購買施設を配置することによって活性化を狙うプロジェクトが始動していますが、現状を見ると2年前と何ら変わっておらず、進展は見られないようです。

 

DSC_4359
立体になっている森ビルのコーポレートマークはけっこう好き。
この周辺は森ビルの建物が多く、至る所にこのマークが見れます。

 

DSC_4553
今現在、都内には200m以上のビルが23棟あるのだけれど、最高高さ256mともなると全景を入れるのは大変。

 

DSC_4409
低層部。鋭角と斜めのラインを強調しています。

 

DSC_4416
近くの歩道橋から。

 


(画像参照:日経アーキテクチュア
2022年にかけてこれまた森ビル主導で近隣に3棟の超高層ビルが建ちます。
延床面積は六本木ヒルズに匹敵する規模だそうで、総事業費4000億円を投じていくと発表しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)