米国史上最大の民間再開発事業”Hudson Yards”


今ニューヨークで最も期待を寄せている再開発が”ハドソンヤード再開発プロジェクト”。
総事業費は約200億ドル、約11haの敷地になんと16棟もの超高層ビルが。それらの総面積は118万㎡以上というから訳がわからない。
このプロジェクトの一画には日本から三井不動産も参画しており、マンハッタンの日系企業では延床面積においては過去最大の規模とのこと。

hy-hero-swop-1366x648
(コーン・ペダーセン・フォックスより)
米国歴史上最大の民間再開発不動産事業とも言われているらしく、このプロジェクトにはアメリカを代表する建築設計事務所、コーン・ペダーセン・フォックスが関わっており、日本では六本木ヒルズや大手町タワー、コレド室町などを手がけています。
この事業によってハドソン川沿いの景観が一変します。

スクリーンショット-2016-07-13-21.03.20
場所はヘルズ・キッチン及びハドソン川沿いのエリア。
前回NYを訪れた際にゲストハウスからもそう遠くなかったため、到着した日に荷物を置いて真っ先に向かった場所でもある。笑

 

DSC_0638
再開発の舞台のメインとなるのは列車の車両基地。東京でいうところの大井車両基地といったところか。
ここの敷地の周囲をぐるりと囲むようにハイラインからのウォークウェイが続いており、一般人もこの壮大な現場を遠くから眺める事ができる。

 

V1-Master-Plan-Site
(コーン・ペダーセン・フォックスより)
敷地内にはオフィスビル、ホテル、マンション、レストラン、大型商業施設、学校等が建設されるそう。
三井不動産は上記の”55 HUDSON YARDS”の開発事業を推進します。高さは51階で述床は118,000㎡。

 

DSC_0611
交差点から見た”50 HUDSON YARDS”
この圧倒的なスケール!!興奮以外の何ものでもないです、はい。

 

DSC_0632
真っ先に建設が進んでいるのは52階建ての”10 HUDSON YARDS”です。
延床は160,000㎡で高さは273mなので、虎ノ門ヒルズより約20m高いくらいです。
テナントにはマンハッタンで創業した有名ブランド”COACH” が9〜24階までを占めます。

 

DSC_0650
同ビルの見上げ。

 

DSC_0616
開業すればニューヨークの新しいランドマークになること間違いなしです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)